1. 海とジュゴンと貝塚人

これから開催する展覧会

博物館 企画展

海とジュゴンと貝塚人

2021年10月15日(金) ~ 2021年12月05日(日)

海とジュゴンと貝塚人

貝塚が語る9000年のくらし

 海に囲まれた沖縄の島々で、人々は古来より海の恵みを利用して豊かな海洋文化を育んできました。沖縄には、昔の人々が捨てた貝殻が堆積した遺跡としての貝塚が354カ所あり、貝塚数は全国の中でも千葉県(744カ所)、茨城県(376カ所)に次いで第3位です。最も古い貝塚は藪地洞穴遺跡(うるま市)で見つかった約1万年前のもので、その後11世紀に農耕が始まるまで、9000年もの長きにわたって、海と人とが調和した貝塚文化のエコシステムが維持されました。貝塚の貝には炭酸カルシウムが含まれ、アルカリ分に富むことから、通常の遺跡では残らない骨などの有機質遺物がよく保存されています。当時の人々が食べた魚介類やウミガメ、イノシシの骨、そして時には人骨が出土することもあり、現在絶滅の危機にあるジュゴンの骨も多く出土しています。貝塚は、いわば古代の情報が詰まったタイムカプセルなのです。
 本展覧会では、貝塚にまつわる出土品とその調査研究成果を展示公開し、貝塚が語る海と人との関わりをわかりやすく紹介します。


 

第1章 貝塚の謎

 貝塚とは何か。貝塚人とは誰なのか?貝塚をめぐる謎を紐とき、人類史のアーカイブとしての貝塚について、わかりやすく紹介します。
 

第2章 ウミサチ(海幸)の人類史

 人類は食物連鎖の頂点に立ち、さまざまなものを食べてきました。中でもジュゴンはウミサチ(海幸)の頂点に位置し、食べものとしてだけでなく、当時の人々の精神文化にも大きな影響を与えました。

 

第3章 貝塚を掘る

 約100年前に荻堂貝塚(北中城村)や伊波貝塚(うるま市)から発見された出土品をはじめ、戦前・戦後に行われた沖縄の貝塚調査の様子と出土品を紹介します。

 

第4章 サイエンスで見る海洋文化史

 貝塚の貝や遺物の科学分析を通して、古代の気候や環境、物資の流通や食べものの移り変わりに迫るとともに、科学的手法にもとづく貝塚人の顔貌復元について紹介します。
 

関連イベント  ※関連イベントへの参加方法等の詳細は決まり次第、随時更新していきます

 

■文化講座1「沖縄の貝塚と貝類」

講師:黒住 耐二 氏(千葉県立中央博物館)
日時:2021年10月16日(土)14:00~16:00
会場:3F講堂
 

■文化講座2「うるま市の貝塚と遺跡をめぐる」

講師:横尾 昌樹 氏(うるま市教育委員会) 
日時:2021年11月20日(土)午後
場所:うるま市内各地(フィールドツアー)
 

■学芸員講座「企画展『海とジュゴンと貝塚人』のみどころ紹介」

担当:山崎 真治(沖縄県立博物館・美術館)
日時:2021年11月13日(土)14:00~16:00
会場:1F博物館講座室
 

■展示解説会

日時:2021年10月16日(土)・11月11日(木)10:00~11:00
会場:博物館特別展示室
 

■体験教室「貝のやじりをつくろう」

講師:山崎 真治(沖縄県立博物館・美術館)
日時:2021年11月13日(土)10:00~11:30 会場:1F博物館実習室
 

■体験教室「貝塚の味」

講師:澤浦 亮平(沖縄県立博物館・美術館)
日時:2021年11月21日(日)10:00~11:30 会場:1F博物館実習室


※新型コロナウイルス感染症対策のため、日程や開催方法等が変更になる場合があります
 

貝塚 海洋文化 食文化 ジュゴン

展覧会情報

会期 2021年10月15日(金) ~ 2021年12月05日(日)
場所 特別展示室1,特別展示室2
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日
主催 沖縄県立博物館・美術館

主な作品

ジュゴンはく製

ジュゴンはく製

テングガイ(津堅第二貝塚)

テングガイ(津堅第二貝塚)

展覧会の一覧に戻る

シェアしてみゅー

TOP