1. アートを身近に!プロジェクト 世界の名画に親しもうvol.3「学芸員がおすすめする“おもしろ絵画”展-西洋絵画と日本絵画」

開催中の展覧会

指定管理者 企画展

アートを身近に!プロジェクト 世界の名画に親しもうvol.3「学芸員がおすすめする“おもしろ絵画”展-西洋絵画と日本絵画」

2024年02月23日(金) ~ 2024年03月14日(木)

アートを身近に!プロジェクト 世界の名画に親しもうvol.3「学芸員がおすすめする“おもしろ絵画”展-西洋絵画と日本絵画」

世界の名画が集合!「世界の名画に親しもう」の第3弾を開催します!

近年、国内外の美術館や博物館が文化財の有効利用を目的として、パブリックドメイン*となった作品の画像を無料で公開しています。

おきみゅーではこの機会を活用し、「アートを身近に!プロジェクト」 の一環として、名画を気軽に楽しむための展示イベント、世界の名画に親しもうvol.3「学芸員がおすすめする“おもしろ絵画”展-西洋絵画と日本絵画」を開催します。

本展では、日本や海外の有名ミュージアムが所蔵する名画を取り上げます。そして今回は「おもしろい」という切り口から、西洋美術と日本美術の個性あふれる世界をご紹介します。「おもしろい」といっても、人によって何が「おもしろい」か、感じ方は様々です。描かれているモチーフや構図、テーマ、その作品が描かれた背景など、様々な視点から学芸員が「おもしろい」と思った作品を取り上げ、その「おもしろポイント」を解説しながらご紹介します。 

皆さんにもう一つ楽しんでいただきたいのが、名画の複製を実物大で見るという体験です。「あの名画は、実はこんなサイズだったんだ!」とか「こんな細かいところまで描かれているんだ!」など、本や画集だけでは知り得なかった新しい発見があるかもしれません。展示されている絵はすべて複製ですので、会場では写真を撮ったり、模写することもOKです。

ご家族やお友だちと一緒に感想を語り合い、いつもとはちょっと違った自由な絵画鑑賞をお楽しみ下さい。
 
*知的創造物に対して、著作権など知的財産権(知的所有権)が発生していない状態、または消滅した状態のこと。

■「アートを身近に!プロジェクト」とは
 https://okimu.jp/special/art2022/index.html

サムネイル使用画像(部分使用を含む)
・望月玉蟾《真珠庵蔵 百鬼夜行絵巻 模写》メトロポリタン美術館所蔵,Mary and Cheney Cowles Collection, Gift of Mary and Cheney Cowles, 2018
・曽我蕭白 《天台山石橋図》メトロポリタン美術館所蔵,Mary Griggs Burke Collection, Gift of the Mary and Jackson Burke Foundation, 2015
・グイド・レーニ《無原罪の御宿り》メトロポリタン美術館所蔵,Victor Wilbour Memorial Fund, 1959
・アンリ・ルソー《虎とバッファローの闘い》クリーブランド美術館所蔵,Gift of the Hanna Fund

展覧会情報

会期 2024年02月23日(金) ~ 2024年03月14日(木)
場所 企画ギャラリー1
観覧料 観覧料無料
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日(2/27(火)は臨時休館)
主催 一般財団法人 沖縄美ら島財団
シェアしてみゅー

TOP