1. 復帰50年 平良孝七展

これから開催する展覧会

美術館 企画展

復帰50年 平良孝七展

2022年11月03日(木) ~ 2023年01月15日(日)

復帰50年 平良孝七展

激動の時代を生きた人々の「記録」。
同時代を追い続けた平良孝七の足跡―。

 平良孝七(1939-1994)は、沖縄県大宜味村生まれの写真家です。

 1970年、「復帰」に揺れる沖縄を写した『写真集沖縄 百万県民の苦悩と抵抗』を発表。1976年、島々で生活する人々とその風景を撮影した写真集『パイヌカジ』で第2回木村伊兵衛写真賞を受賞します。その後も平良は沖縄に根ざす生活者の「記録」を様々なテーマで撮り続けました。

 沖縄の日本への「復帰」を見つめ、激動の時代にありながら、変わりゆく沖縄の「実情」をとらえた平良の写真は、いまも強度を持って観る者に問いかけます。本展は残された写真から平良の足跡を振り返ります。

平良 孝七(たいら・こうしち)略歴

1939年 沖縄県大宜味村喜如嘉に生まれる
1959年 辺土名高校を卒業後、上京
1962年 琉球新報写真部に勤務
1970年 琉球政府(現・沖縄県庁)広報課に勤務
1977年 写真集『パイヌカジ』で第2回木村伊兵衛写真賞を受賞
1993年 約20万点にのぼる写真資料を名護市に寄贈
1994年 1月死去



▲ チラシのダウンロードはこちら

平良孝七 復帰50年 写真

展覧会情報

会期 2022年11月03日(木) ~ 2023年01月15日(日)
場所 企画ギャラリー1,企画ギャラリー2
観覧料 一 般 1200円(960円)/大学・高校生 500円(400円)/中学・小学生 300円(240円)/未就学児 無料
※( )内は前売料金および20名以上の団体料金
※ 障がい者手帳をお持ちの方、および介助者の方は当日料金の半額

【プレイガイド】
ミュージアムショップゆいむい(沖縄県立博物館・美術館内)、コープあぷれ、ローソンチケット(Lコード81598)、デパートリウボウ
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日、年末年始(12/29~1/3)、1/10(火) ※ただし1/9(月・祝)は開館
主催 沖縄県立博物館・美術館
特別協力 名護博物館
後援 沖縄県教育委員会、那覇市教育委員会、名護市教育委員会、大宜味村教育委員会、沖縄県文化協会、那覇市文化協会、一般社団法人沖縄県美術家連盟、NPO法人沖縄県立美術館支援会happ、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー、沖縄タイムス社、琉球新報社、NHK沖縄放送局、琉球放送、琉球朝日放送、沖縄テレビ放送、ラジオ沖縄、エフエム沖縄、エフエム那覇

主な作品

〈沖縄:百万県民の苦悩と抵抗〉より(名護博物館蔵)

〈沖縄:百万県民の苦悩と抵抗〉より(名護博物館蔵)

〈復帰の日〉より《琉球政府閉庁式(1972年5月13日)》(名護博物館蔵)

〈復帰の日〉より《琉球政府閉庁式(1972年5月13日)》(名護博物館蔵)

〈パイヌカジ〉より《75.11多良間島》(名護博物館蔵)

〈パイヌカジ〉より《75.11多良間島》(名護博物館蔵)

〈パイヌカジ〉より《72.8小浜島》(名護博物館蔵)

〈パイヌカジ〉より《72.8小浜島》(名護博物館蔵)

〈沖縄カンカラ三線〉より《76年 私の母 大宜味村喜如嘉》(名護博物館蔵)

〈沖縄カンカラ三線〉より《76年 私の母 大宜味村喜如嘉》(名護博物館蔵)

〈女子学徒隊〉より《世嘉良(旧姓 喜舎場)利子 沖縄県立師範学校女子部本科二年(当時)球一八八〇三部隊(俗称 ひめゆり学徒)第一外科配属》(名護博物館蔵)

〈女子学徒隊〉より《世嘉良(旧姓 喜舎場)利子 沖縄県立師範学校女子部本科二年(当時)球一八八〇三部隊(俗称 ひめゆり学徒)第一外科配属》(名護博物館蔵)

〈塩屋ウンガミ〉より《塩屋ウンガミ06》(名護博物館蔵)

〈塩屋ウンガミ〉より《塩屋ウンガミ06》(名護博物館蔵)

〈生まりジマ喜如嘉〉より《生まりジマ喜如嘉11》(名護博物館蔵)

〈生まりジマ喜如嘉〉より《生まりジマ喜如嘉11》(名護博物館蔵)

展覧会の一覧に戻る

シェアしてみゅー

TOP