1. 美ら島おきなわ文化祭2022関連特別展 「宮内庁三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室の美と沖縄ゆかりの品々」

開催中の展覧会

博物館 企画展

美ら島おきなわ文化祭2022関連特別展 「宮内庁三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室の美と沖縄ゆかりの品々」

2023年01月20日(金) ~ 2023年02月19日(日)

美ら島おきなわ文化祭2022関連特別展 「宮内庁三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室の美と沖縄ゆかりの品々」
山本芳翠《琉球中城之東門》1888年

山本芳翠《琉球中城之東門》1888年

宮内庁三の丸尚蔵館展 「皇室の美と沖縄ゆかりの品々」

復帰50年を節目として行われる国民文化祭「美ら島おきなわ文化祭2022」の一環として、沖縄で初めて皇室に伝えられた美術工芸品の展覧会を開催します。
宮内庁三の丸尚蔵館は、皇室に代々受け継がれてきた美術品などが平成元年(1989)に国に寄贈されたの機に、皇居東御苑に平成5年に開館した施設です。
この度、三の丸尚蔵館が所蔵する沖縄ゆかりの油彩画や工芸品と、皇室に伝えられた名品の数々を紹介します。
絵画や写真を通して、皇室に伝えられた沖縄の姿をご覧ください。

沖縄ゆかりの品々

琉球塗料紙箱・硯箱 17世紀

琉球塗料紙箱・硯箱 17世紀

明治20年(1887)頃の沖縄を写生した山本芳翠の連作画をはじめ、旧桂宮家に伝えられた「琉球塗料紙箱・硯箱」、昭和天皇や秩父宮家に献上された沖縄ゆかりの作家による作品や沖縄に根ざした特色ある工芸品を展示します。

また、宮内庁が所蔵する明治時代の古写真の中から沖縄ゆかりの人物写真や明治20年の沖縄を写した写真、明治34年撮影の「沖縄県内各学校写真帖」をパネルで紹介します。

皇室の美

北斎の肉筆画、沖縄で初披露

葛飾北斎《西瓜図》1839年

葛飾北斎《西瓜図》1839年

三の丸尚蔵館が所蔵する名品から、江戸時代に活躍した円山応挙「張飛図」と葛飾北斎「西瓜図」を紹介します。
また、明治時代初期に記録のために作成された「雅楽図」や、高村光雲・山崎朝雲「萬歳楽置物」、綴織による大型の壁掛けなど、皇室がその伝承に深く関わってこられた雅楽を主題とした作品や儀式で用いられた伝統的な装束、着物など、高貴で優美な染織美をご覧ください。
このほか、皇室の御慶事の折に記念品として作られてきた愛らしいボンボニエールなどを紹介します。

皇室の美と沖縄ゆかりの品々展覧会チラシ
展覧会のチラシはこちらからダウンロードできます。

宮内庁三の丸尚蔵館 美ら島おきなわ文化祭20 皇室コレクション 山本芳翠 日本画

展覧会情報

会期 2023年01月20日(金) ~ 2023年02月19日(日)
場所 特別展示室1,企画展示室
観覧料 一般¥800(¥640)
高校・大学生¥500(¥400)
小・中学生¥200(¥160)
※( )内は前売券または20名以上の団体料金。
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方と介助者1名までは無料。

【プレイガイド】
ミュージアムショップゆいむい/デパートりうぼう/ローソンチケット(Lコード82729)
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日
主催 沖縄県立博物館・美術館
主催 一般財団法人沖縄美ら島財団、宮内庁、文化庁
特別協力 紡ぐプロジェクト、読売新聞社
シェアしてみゅー

TOP