1. 明和津波襲来250年 博物館エントランスミニ展示「大津波の痕跡を探る」

開催中の展覧会

博物館 その他(貸館イベント)

明和津波襲来250年 博物館エントランスミニ展示「大津波の痕跡を探る」

2021年04月20日(火) ~ 2021年06月13日(日)

明和津波襲来250年 博物館エントランスミニ展示「大津波の痕跡を探る」
 おきみゅーエントランスホールでは、明和津波襲来250年を記念し、博物館エントランスミニ展示「大津波の痕跡を探る」を開催します(会期:4/20~6/13)。

 

  発掘調査で確認された、いわゆる明和津波の痕跡

 琉球列島最大規模の自然災害と言える1771年の明和津波について、遺跡で確認されたその痕跡を写真パネルで展示します。また、遺跡から出土した津波に関連する資料の展示もあわせて行い、明和津波の実態に迫っていきます。
 

 
  •  
  •   関連催事
    ➀博物館文化講座「災害に対して民俗学は何ができるか‐東日本大震災から学んだこと‐」
    講師:政岡伸洋(東北学院大学文学部教授) 
    日時: 令和 3 年 4 月 17 日(土)14 時~16 時 ※要事前申込
    開催場所:博物館講座室 

    ②大津波の痕跡を探るフィールドツアー「宮古島に残る明和津波の痕跡をめぐる」
    日時:令和 3 年 5 月 8 日(土) 5月29日(土)9 時~13 時 ※日程が変更になりました。
    参加費:100円
    集合場所:東平安名崎駐車場(現地集合・現地解散)    
    参加定員:20 名
    ※要事前申込、参加者は車両で移動できる方に限る。

  • ③エントランス展示解説会 
    講師:山本正昭、宇佐美賢(当館学芸員)
    日時:令和 3 年 6月 5 日(土)《午前の部》 10 時~11 時 30 分 《午後の部 》14 時~15 時 30 分 
    定員:各回15名
    会場:エントランスホール 本パネル展示前
    問い合わせ先:098-851-5401(担当:山本)


 

明和津波 エントランスミニ展示 発掘調査 石垣島

展覧会情報

会期 2021年04月20日(火) ~ 2021年06月13日(日)
場所 エントランスホール
観覧料 無料
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日
主催 沖縄県立博物館・美術館
後援 沖縄考古学会、宮古島市教育委員会、八重山毎日新聞社
シェアしてみゅー

TOP