1. 上條文穂と波多野泉 現代彫刻展

これから開催する展覧会

美術館 企画展

上條文穂と波多野泉 現代彫刻展

2019年09月20日(金) ~ 2019年11月04日(月)

上條文穂と波多野泉 現代彫刻展
木、 土、 漆喰など、 一貫して素材と向き合う上條文穂。
観察を通して対象の中に彫刻的要素を求める波多野泉。
二人の彫刻家は、 沖縄県立芸術大学で
長きにわたって後進を育て、
沖縄の彫刻に新たな流れを生み出しています。


上條文穂(1953〜)は木彫から出発し、
1986年に沖縄へ移って以降は、 石灰岩や漆喰、土など、
沖縄の素材を用いて制作をしています。
1998年のイタリア研修を経た後、 原点回帰を思わせる
木との対話を始め、 木を薄く削ぎだして作った
木の葉を集めた《八月の果て》(1999〜2017)などを発表しています。

波多野泉(1957〜)は敦煌石窟の塑像や日本の仏像から影響を受け、
乾漆などの古典的な技法を用いて制作しています。
「いつも好き(よき)観察者でありたい」と語る波多野は、
木の実や希少動物、 既存の価値観に縛られずに個を貫く
「希少な人物」などをモチーフに、肖像的な彫刻を発表しています。

本展では、素材との対話を続ける上條と、対象の本質に迫る波多野、
沖縄で活動する二人の彫刻家の足跡を辿り、
初期から最新作まで約70点の作品をご紹介します。


 ↑チラシ裏面
 

展覧会のみどころ

現代彫刻家として国内外で高く評価されてきた上條文穂(かみじょう・ふみほ 1953- )と波多野泉(はたの・いずみ 1957- )。手法や素材を異にする二人の活躍は1980年代以降、沖縄の彫刻界に一石を投じました。本展では、二人の魅力を紹介します。

展覧会情報

会期 2019年09月20日(金) ~ 2019年11月04日(月)
場所 企画ギャラリー1,企画ギャラリー2
観覧料 一般 1,200円(1,000円)/高大 800円(700円)/小中 300(250円)
*( )内は前売および20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は半額です。
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日、9/24(火)、10/15(火)
*ただし、9/23(月)、10/14(月)、11/4(月)は開館
主催 沖縄県立博物館・美術館
協力 沖縄県立芸術大学/現代彫刻研究会/丸沼芸術の森/キャンプタルガニー
後援 沖縄県教育委員会/那覇市教育委員会/沖縄県文化協会/沖縄県美術家連盟/一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー/沖縄タイムス社/琉球新報社/沖縄テレビ放送/琉球放送/琉球朝日放送/ラジオ沖縄/エフエム沖縄/fm那覇/那覇新都心通り会/沖縄県立美術館支援会happ
シェアしてみゅー

TOP