1. 博物館学芸員講座「琉球王国の三線-知られざるべっ甲巻き三線について-」

イベント

博物館学芸員講座「琉球王国の三線-知られざるべっ甲巻き三線について-」

博物館学芸員講座「琉球王国の三線-知られざるべっ甲巻き三線について-」

琉球王国の三線-知られざるべっ甲巻き三線について-

 現代の沖縄では、三線はとても身近な楽器です。しかし、琉球王国時代には、王族や士族など限られた人々が楽しむ宮廷楽器でした。近年の研究で、現代の三線と、琉球王国時代の三線には、様々な違いがあることがわかってきました。そのひとつが胴巻きです。現代の三線には、胴部(チーガ)側面を布で覆う胴巻き(手当、ティーガー)をつけることが一般的です。しかし、琉球王国時代には、胴巻きにべっ甲と象牙(ぞうげ)の鋲(びょう)を使用した三線が作られていました。全国でも5作例しか存在が確認されていない貴重な三線で、その実体はまだよくわかっていません。その謎を解明するべく当館では、調査と研究を重ね、べっ甲巻き三線の模造復元に取り組みました。
 本講座では、三線の歴史を振り返るとともに、べっ甲巻き三線に関する研究結果を報告します。べっ甲巻き三線とはどのような存在なのか考察することで、三線の新たな一面に迫りたいと思います。

キーワード:三線、べっ甲、美術工芸、手わざ、模造復元

「琉球王国の三線-知られざるべっ甲巻き三線について-」チラシ
 

講師

篠原あかね(美術工芸担当)

日程

2022年7月9日(土)14:00~16:00

場所

博物館講座室(60席)

申込期間:6/9(木)~ 7/9(土)
WEB受付フォーム、お電話、来館(総合案内)にて受付いたします。
*6/29(水)~  7/7(木)までは、メンテナンス休館のためWEBのみの受付となります。
*WEB受付フォームは、7/9(土)11:00で受付終了します。

WEB受付フォーム

 

注意事項

新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては中止または一部変更の可能性があります。

イベント参加時のおねがい(新型コロナウイルス感染症対策について)

イベントにお申し込みの前に下記のページをご確認ください。

イベント参加時のおねがい(新型コロナウイルス感染症対策について)

開催情報

開催日 2022年07月09日(土)
開催時間 14:00~16:00(開場13:30)
場所 講座室(博物館)
定員 60名
対象 高校生/大学・専門学生/一般
申し込みについて 要申し込み

WEB受付フォーム、お電話、来館(総合案内)にて受付いたします。
*6/29(水)~ 7/7(木)までは、メンテナンス休館のためWEBのみの受付となります。
*WEB受付フォームは、7/9(土)11:00で受付終了します。

参加費 無料
主催 沖縄県立博物館・美術館

このページについてのお問い合わせ

沖縄県立博物館・美術館 TEL:098-941-8200

イベントの一覧に戻る

シェアしてみゅー

TOP