1. 台湾展関連催事 座談会「台湾の過去と現在、未来をみつめて」

イベント

台湾展関連催事 座談会「台湾の過去と現在、未来をみつめて」

宮岡真央子(福岡大学人文学部 教授)「構築される歴史認識 牡丹社事件の事例から」
石垣 直(沖縄国際大学 教授)「多言語社会としての台湾」
山本芳美(都留文科大学文学部比較文化学科 教授)「イレズミ、台湾と沖縄」


 

開催情報

開催日 2019年10月26日(土)
場所 講堂
開館時間 調整中
定員 200席
対象 大学・専門学生/一般
申し込みについて 申し込み不要
参加費 無料
主催 沖縄県立博物館・美術館
共催 「沖縄のハジチ、台湾原住民俗のタトゥー、歴史と今」展
シェアしてみゅー

TOP