1. 博物館学芸員講座「八重山における神役の継承」

イベント

博物館学芸員講座「八重山における神役の継承」

博物館学芸員講座「八重山における神役の継承」
講師:阿利よし乃(民俗担当)

 奄美・沖縄の民間信仰の特徴として、女性が祈願の中心を担うという点があげられます。各村落には、村人と御嶽の神をつなぐ存在として、女性の神役がいます。琉球王国があった頃、首里王府は聞得大君(きこえおおきみ)とよばれる神役を頂点とした宗教のしくみを確立しました。聞得大君の下位にはノロなどの数々の神役が在位し、宮古・八重山には大阿母(おおあむ)という女性神役がいました。さらに、その大阿母の下位にはツカサとよばれる女性神役が在位し、村々の祭祀を司っていました。そのような神役たちは、その役割と地位をどのように次の世代へ継承させているのでしょうか?
 本講座では、神役とは何かを解説したうえで、現在の八重山における神役継承の実像を紹介します。

キーワード:祭司、村落祭祀、民間信仰、出自論、巫病論

 

開催情報

開催日 2019年09月07日(土)
開催時間 14:00~16:00(開場13:30)
場所 講座室(博物館)
定員 80名
対象 大学・専門学生/一般
申し込みについて 申し込み不要
参加費 無料
主催 沖縄県立博物館・美術館
シェアしてみゅー

TOP