1. 5/11博物館学芸員講座「今、明かされる琉球王国の手わざ-琉球王国文化遺産集積・再興事業について」

イベント

5/11博物館学芸員講座「今、明かされる琉球王国の手わざ-琉球王国文化遺産集積・再興事業について」

  琉球王国時代の美術工芸品を見て、誰が、どうやって作ったのか疑問に思ったことはありませんか。例えば「枝梅竹文赤絵碗」は19世紀壺屋焼の代表作ですが、現代の壺屋焼とは異なる技術で絵付けされており、その技術については明らかになっていませんでした。
 作品について最も詳しく正確に知る方法は、研究者と職人が協力して、当時の技術で正確に作ってみるということです。これを模造復元といいます。当館で平成27年度より行っている琉球王国文化遺産集積再興事業は、8つの分野(絵画、木彫、石彫、漆芸、染織、陶芸、金工、三線)65件の作品を同時に模造復元・調査研究する未だかつてない壮大な事業です。この事業によって、琉球の美術工芸について沢山の新しい発見がありました。
 本講座では、模造復元を通して得られた最新の研究成果を紹介します。

キーワード:
 模造復元、美術工芸、手わざ、手仕事、伝統

講師:篠原あかね(美術工芸担当)

 

開催情報

開催日 2019年05月11日(土)
開催時間 14:00~16:00
場所 講座室(博物館)
開館時間 9:00~20:00(日・火~木は18:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日
定員 80名
対象 大学・専門学生/一般
申し込みについて 申し込み不要
参加費 無料
主催 沖縄県立博物館・美術館
シェアしてみゅー

TOP