作家紹介

中島 イソ子

NAKAJIMA Isoko

1940年-

平面

中島 イソ子
                  
西暦 略歴
1940年
名護市生まれ
1961年
武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)卒業
1962年
第14回沖展彫刻部門にて≪裸婦≫で奨励賞
1963年
玉那覇正吉により結成された彫刻研究団体「槐(えんじゅ)会」に 参加
1964年
第16回沖展彫刻部門にて≪男の首≫で沖展賞
1975年
第27回沖展にて絵画初入選
以後、絵画に軸足を置いた制作を 続ける
1976年
第29回日本アンデパンダン展に≪想う≫出品
1977年
第62回二科展に≪不安≫入選
第3回沖縄女流美術展に初出品。以後、同会に毎年出品を果たす
1988年
第40回沖展にて≪凝視≫で沖展賞
2004年
第38回沖縄タイムス・芸術選奨大賞受賞
 
現在、(社)沖縄県美術家連盟理事・沖展会員・沖縄女流美術家協会副会長
    ペンドル会顧問

作品

凝視
作品名
凝視
制作年(完成年)
1988年
作品サイズ
162.0×130.2cm
作品素材・手法
油彩、キャンバス
落日
作品名
落日
制作年(完成年)
2002年
作品サイズ
194.0×162.0cm
作品素材・手法
油彩、キャンバス

作家一覧

シェアしてみゅー

TOP