作家紹介

斧山 萬次郎

ONOYAMA Manjiro

1900年-1988年

平面

斧山 萬次郎
西暦 略歴
1900年
福岡県飯塚市生まれ
1918年
上京、東京赤坂溜池の葵橋洋画研究所(元白馬会)に入所。黒田清 輝に師事する
1920年
黒田清輝の内弟子となり、黒田邸に住み込む。内弟子生活は5年間 続く(~1924年)
1923年
関東大震災のため研究所焼失、葵橋洋画研究所同期会ができる
1924年
黒田清輝死去、天地会の会員となる
1925年
第6回帝国美術院美術展展覧会(帝展)初入選
1931年
第18回光風会レートン賞受賞
1933年
「筑前美術会」が結成。創立会員(洋画部門)になる
第1回筑 前美術会展
1939年
淵上房太郎県知事の招きで、沖縄に絵画制作旅行に行く
1941年
第4回文部省美術展覧会(文展)初入選
1944年
戦火の激しくなった東京を離れ、故郷飯塚に疎開、拠点を移す
1946年
光風会会員となる
1949年
「福岡県美術協会」発足、会員となる
1954年
飯塚市にて初個展
1964年
「斧陽会」「信美会」の団体を指導
1997年
「筑豊の洋画家 斧山萬次郎展」(飯塚市歴史資料館、福岡)

作品

守礼門
作品名
守礼門
制作年(完成年)
1942年
作品サイズ
61.0×71.5cm
作品素材・手法
油彩、キャンバス
風景作品 (1)(仮題)
作品名
風景作品 (1)(仮題)
制作年(完成年)
1942年
作品サイズ
24.0×33.0cm
作品素材・手法
油彩、板
風景作品 (4)(仮題)
作品名
風景作品 (4)(仮題)
制作年(完成年)
1942年
作品サイズ
24.0×33.0cm
作品素材・手法
油彩、板

作家一覧

シェアしてみゅー

TOP