1972年5月15日から50年―。

沖縄は先の大戦で戦場となって大きな戦禍を被り、戦後、施政権はアメリカ軍に移って27年間のアメリカ統治時代「アメリカ世ー」に入ることになります。
熾烈な沖縄戦を生き抜いた世代。アメリカ統治下で不平等や理不尽な状況と闘った世代。そして、平和な沖縄を托され生まれた復帰当時を知らない世代ー。
「復帰50年」といえど、ひとことではくくれないさまざまな思いが錯綜する2022年となっています。
ここおきみゅーでは歴史はもちろん、自然、民俗、考古、美術工芸、芸術など多方面から復帰を見つめる展覧会、イベントを開催します。
これまでの「琉球・沖縄」を振り返って、これから私たちが創り上げていきたい未来の沖縄の姿を想像しませんか?

復帰50年に思うこと...

Interview

田名 真之

Masayuki DANA

沖縄県立博物館・美術館 館長

―復帰の日、1972年5月15日何をしていましたか?

‍‍1972年当時は、私は学生で沖縄にはいませんでした。5月15日は雨の日で式典がどうだったというのはリアルタイムでは経験していませんが、テレビのニュースで見ていて、いよいよ復帰かという思いはありました。

―復帰展にどのような思いを抱きますか?

復帰50年ということで復帰に関する展示をやるわけだけれども、当館の職員で「復帰」を体験した相応の年齢だったのは私だけです。

50年というのは結構な時間で、「復帰」を体験していない若い人たちにとっては、すでに歴史なんですね。

実際に体験した世界ではないので、展覧会を担当するということは難しいことだろうなという気もしますが、そういう人たちが勉強して作っていく展覧会で見る方もほとんど体験者でない方々ということになりますね。

私はよく言うのですが「歴史は常に現代史」なんです。

今現在の私たちが、過去の歴史を様々な史料を用いて解釈し、評価する訳です。 しかし、体験者は体験者の思いがあり、どうしても主観的になり、バイアスがかかったりします。

その点、体験していない人は、史料を集め体験者の話を聞き、総合的に客観的に解釈し、評価することになります。ということで、館の学芸員たちが、「復帰」をどのように総括評価して、どんな展覧会を作っていくのか期待しています。 

―「復帰」にまつわる館長の思い出は?

私は1969年に大学に入学しました。当時は、10.21国際反戦デーなどまだ学生運動や闘争が盛んで、それらと絡んで沖縄返還のことがありました。個人的な体験として、私は行きませんでしたが、「4.28沖縄デー」で新宿のデモに参加する人が周りにもいたのでカンパしたのを覚えています。

 私の大学は入学時には学生に占拠されていたので入学式も卒業式もありませんでした。69年はそんな状況でした。皆デモをやり、機動隊ともぶつかっていましたし、授業が始まったのは、夏休み明けの9月になってからようやくでした。 夏休みに帰省した際には沖縄と鹿児島間の船にはいろんな学生がいました。船にはパスポート拒否闘争をやった学生たちもいて…。

―パスポート拒否闘争?

パスポート拒否闘争をやった彼らは那覇に着いても入管のパスポート査証を拒否して上陸しないんです。一部の人は下船しましたが、一部の人は船に残って、そのまままた鹿児島に戻ります。鹿児島でもまたパスポート査証を拒否するので向こうでも上陸できないわけです。こうして何日間も行ったり来たりしていました。

―エネルギッシュな時代ですね。

復帰前は高校生でしたが、そのときから周りでいろいろなことがありました。高校1年生のときに教公二法の闘争*がありました。学校の先生たちが立法院前を占拠して警察隊と対峙していましたから、先生不在で授業がなくて…。今どきあり得ない状況ですよね? 

高校3年生のときにはB52が墜落したし、それに伴う全校集会もありました。政治の時代でしたね。ノンポリ**の人もいないわけではなかったですが、でも皆政治のことに無関心ではいられない時代でした。 

*教公二法の闘争
1967年2月24日にアメリカ占領下の沖縄の那覇市の立法院前で発生した事件。当時立法院では教育公務員の政治活動を規制する法律を審議していた。
**ノンポリ
nonpolitical(ノンポリティカル)の略で、政治運動に関心が無いこと、あるいは関心が無い人。

―1972年当時、未来の沖縄はどうなると思っていましたか?

やはり基地が少なくなったり、縮小したりするのかなとは思いました。米軍が自衛隊と若干入れ替わるだろうというのはあったのですが、ベトナム戦争も終戦に向かっていましたし、こんな状態が今まで続くとは想像していませんでした。

米軍基地の問題は、結構今も残り続けています。あの当時は、もう少しなんとかなるのかと思ったのですが。

―館長が願う未来は?

基本は世界平和です。人々が平和に暮らせる世界であって欲しいですね。 

今世界は、ウクライナでの戦争だけでなく、貧困や環境破壊、温暖化など多くの問題を抱えていますが、未来に向けて人間の叡智を信じたいですね。 

沖縄については、自然も歴史、文化も素晴らしいポテンシャルに溢れていると思います。県民が誇りをもって内外に沖縄の魅力を発信していけたらいいと思います。沖縄県立博物館・美術館もその一翼を担う存在と使命があると思ってます。 

復帰50年関連展示

Exhibition

復帰50年沖縄復帰前展 復帰 前夜ー。希う、未来。

会期:2022318日(金) ~ 821日 (日)

戦後27年間にわたりアメリカ合衆国の施政権下にあった沖縄。広大な米軍基地の存在と駐留する米軍兵士の相次ぐ事件事故、軍事優先政策に対し、平和を希求し復帰・反基地運動を展開した沖縄の復帰前の姿を様々な資料を通して紹介します。

復帰 前夜ー。希う、未来。フライヤー
詳細ページ

■復帰50年 特別展『沖縄、復帰後。展 ーいちまでぃん かなさ オキナワー

会期:2022720日 (水) ~ 919日 (月)

沖縄が日本に復帰して50年という節目を迎えます。戦後27年間の米国統治を経て復帰したことは「世替わり」というほどの大きな転換点であり、復帰後50年は復興・成長・変化・継承・存続など沖縄は様々な経験をしてきました。1972年5月15日を起点に復帰後のあゆみを振り返りつつ、次の世代に向けて自然・歴史・文化等の多様な面から沖縄について考える展覧会を開催します。

沖縄、復帰後。展フライヤー
詳細ページ

復帰50年コレクション展『FUKKI QUALIA (フッキ クオリア) ―「復帰」と沖縄美術

会期:2022720日 (水) ~ 2023115日 (日)

当館のコレクションを中心に、日本への「復帰」に関連した沖縄の作品を紹介いたします。美術家たちの「琉米親善」の動きから、復帰前後の状況を鋭く批評した作品、さらに復帰後の社会を見つめた作品や、本土化する中で沖縄なるものを探し求めた動きなど、現在につながる「復帰」について考える機会といたします。

真喜志勉《大日本帝国復帰記念》1972年

真喜志勉《大日本帝国復帰記念》1972年

詳細ページ

復帰50年展『琉球-美とその背景-

会期:20221014日 (金) ~ 124日 (日)

琉球の栄華の象徴ともいうべき美の世界とその背景を探ることをメインテーマに県内初公開の資料も含め、戦災を免れた琉球・沖縄関係資料を過去最大規模で公開します。琉球王国時代の資料を通して、歴史的背景や文化的背景も含めて琉球の美の成り立ちを伝えることで、私たちのアイデンティティたる「琉球」を再考する展示を行います。東京国立博物館及び九州国立博物館と共催のもと、復帰50年を迎える2022年に「琉球」を振り返ることで、今とこれから先の沖縄を考える展覧会とします。

《朱漆巴紋牡丹沈金御供飯》

《朱漆巴紋牡丹沈金御供飯》
(県指定有形文化財)16~17世紀

詳細ページ

復帰50年『平良孝七

会期:2022113日 (木) ~ 2023115日 (日)

平良孝七(1939-1994)は、沖縄県大宜味村生まれの写真家です。1970年、『写真集沖縄 百万県民の苦悩と抵抗』を刊行。1976年、『パイヌカジ』で第2回木村伊兵衛写真賞を受賞します。その後も平良は様々なテーマで沖縄を撮り続けました。沖縄の日本への「復帰」を見つめ、激動の時代にありながら沖縄の「基底」をまなざそうとする平良の写真は、いまなお強度を持って観る者に問いかけます。本展はその写真を振り返ります。

平良孝七《71.9石垣島》1971年 名護博物館蔵

平良孝七《71.9石垣島》1971年 名護博物館蔵

詳細ページ