1. 平成30年度沖縄県立博物館・美術館 博物館常設展(歴史部門展示)トピック展「熱闘 高校野球 本気の夏 100回目」

開催中の展覧会

博物館 常設展

平成30年度沖縄県立博物館・美術館 博物館常設展(歴史部門展示)トピック展「熱闘 高校野球 本気の夏 100回目」

2018年06月05日(火) ~ 2018年07月29日(日)

平成30年度沖縄県立博物館・美術館 博物館常設展(歴史部門展示)トピック展「熱闘 高校野球 本気の夏 100回目」
 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は、2018年夏に阪神甲子園球場で行われる予定であり、「本気の夏、100回目。」が同大会のキャッチフレーズである。夏の甲子園が100回という節目を迎えるにあたり、本県の高校野球の歴史をテーマに常設展歴史部門展示室においてトピック展を開催する。
  高校野球史を語ることは、沖縄にとって本土との格差是正等をはかる上で、ひとつの社会指標になったと思えるものであり、戦後復興の歴史と重なる事象といえる。県民は勝敗に一喜一憂し、高校野球は生活と密接なつながりを持つものであった。
 高校野球の資料を通して県民の姿や世相を振り返ることを目的とする。

会期
常設展:平成30年6月5日(火)~7月29日(日) ※好評につき会期延長となりました
エントランスホール:平成30年6月19日(火)~7月29日(日) 

休館日
毎週月曜日、6月28日(木)~7月6日(金)、7月17日(火)
※ただし、7月16日(月・海の日)は開館

関連催事
■平成30年5月12日(土)学芸員講座 
「沖縄・高校野球ネバーエンディングストーリー」
 講師:外間一先


平成30年6月16日(土)文化講座
「沖縄と東京大学硬式野球部」
 講師:浜田一志(東京大学運動会硬式野球部監督)

 

展覧会情報

会期 2018年06月05日(火) ~ 2018年07月29日(日)
場所 常設展示室,エントランスホール
観覧料 一般410円(330円)、高大生260円(210円)、県外小中生150円(120円)
※上記金額は、すべて1名あたりの金額です。
※70歳以上、障がい者手帳をお持ちの方および介助者1名は無料となります。(証明書等の提示が必要です。)
注1)20名以上の団体の場合を指します。
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日、6月28日(木)~7月6日(金)、7月17日(火)
※ただし、7月16日(月・海の日)は開館
主催 沖縄県立博物館・美術館
共催 一般財団法人沖縄県高校野球連盟
協力 沖縄タイムス社 琉球朝日放送
後援 朝日新聞社他 県内各マスコミ

TOP