1. 吉増剛造展ワークショップ “k-oto-ba”(こ・と・ば)コレクティブ・オーケストラ

イベント

このイベントは終了しました

吉増剛造展ワークショップ “k-oto-ba”(こ・と・ば)コレクティブ・オーケストラ

“k-oto-ba(こ・と・ば)”コレクティブ・オーケストラ 
feat. 吉増剛造 大友良英

 
展覧会の関連企画として「“k-oto-ba(こ・と・ば)”コレクティブ・オーケストラ 」を実施します。前半のワークショップでは、レコード盤、木などさまざまな素材を使って、参加者とともに、吉増剛造氏によるコトバの世界と大友良英氏によるオトの世界を「コト・オト・バ」として融合します。後半ではコレクティブ・オーケストラの公開と、吉増氏、大友氏によるアフタートークを行います。
楽器がない方、演奏経験がない方も大歓迎です。参加、観覧どちらもふるってご応募ください!



撮影:小牧寿里



※参考画像 札幌国際芸術祭2017公式プログラム「さっぽろコレクティブ・オーケストラ」

コレクティブ・オーケストラとは?
コレクティブ・オーケストラは、年齢や楽器の有無に関係なく誰もが参加できるオーケストラです。音楽家だけではなく美術家、詩人、演劇作家などさまざまな芸術分野の講師が参加し、ワークショップを重ねて音楽を作ります。これまでベトナムのハノイ、宮古島、札幌などで、一般の人を対象としたワークショップと公演を行っています。

当日のスケジュール(予定)※当日の内容により時間が前後する可能性があります。
12:00ワークショップ参加者集合 受付
13:00 ワークショップ開始
16:00 ワークショップ公開・トークセッション
18:00 終了予定
 
ゲスト:吉増剛造氏 大友良英氏 
企画協力:有馬恵子氏
会 場:博物館講座室 
参加費:無料
 
①「ワークショップ」
時 間:13:00~18:00(受付12:00) 
対 象:小学校3年生~18歳くらい 
定 員:40名 
持ち物:楽器や音の出るもの、筆記用具

②「ワークショップ公開・トークセッション」(観覧)
時 間:16:00~18:00(予定)
対 象:未就学児から一般
定 員:50名
 
●参加申し込み方
①②それぞれ事前申込
5/8(火)~5/20(日)の期間に来館(総合案内)電話で受付。 
※定員に達しました
TEL 098-941-8200【10:00~17:00】(担当 保久村・植田)
 
※汚れてもいい動きやすい服装でご参加してください。
 
 
プロフィール
大友良英氏(おおとも・よしひで)
音楽家。1959年横浜生まれ。実験的な音楽からジャズやポップス、NHKの朝の連続小説「あまちゃん」の作曲などの領域まで作風は多種多様。福島県内の中高校生と発表したミュージカル「タイムライン」の音楽を担当(2015-2018)するなど、様々な年代との音楽作りにも取り組んでいる。
 
 
吉増剛造氏(よします・ごうぞう)
1939年東京生まれ。慶應義塾大学文学部在学時に詩作を始める。1970年、『黄金詩篇』(思潮社)で第一回高見順賞を受賞。以降、数多くの文学賞を受賞する。1980年代以降は沖縄、宮古、奄美を頻繁に訪れ作品を制作。国際的に最も評価の高い日本の現代詩人の一人として知られ、文化功労者および日本芸術院会員に選ばれている。

 

開催情報

開催日

このイベントは終了しました


2018年06月10日(日)
開催時間 13:00~(開場12:30)
場所 講座室(博物館)
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日
定員 40名
対象 小学生/中学生/高校生/大学・専門学生
持ち物: 楽器や音の出るもの、筆記用具
申し込みについて 要申し込み

申し込み方法、申し込み期間はまだ決まっておりません。決まり次第お知らせします。

参加費 無料
主催 沖縄県立博物館・美術館

このページについてのお問い合わせ

098-941-8200

イベントの一覧に戻る

TOP