作家紹介

兼城 賢章

KANESHIRO, Kensho

1907~1975

平面

兼城 賢章
西暦 和暦 略歴
1907年 明治40年 中頭郡具志川村生まれ
1922年 大正11年 沖縄県立第ニ中学校在学中、図画教師の西銘生楽を中心に絵画グループ「樹緑会」結成
1933年 昭和8年 東京美術学校卒業
1934年 昭和9年 南風原朝光らと「沖縄美術協会展」(東京市神田・東京堂)開催
1937年 昭和12年 北海道町立網走中学校教諭に赴任
1938年 昭和13年 支那事変で中支出征
1941年 昭和16年 樺太出征
1952年 昭和27年 創元会に出品
1954年 昭和29年 第13回創元会展(東京都美術館)『魚の少年』一般賞受賞。新準会員推挙
1955年 昭和30年 第14回創元会展(東京都美術館)『海浜の少年達』準会員賞。新会員推挙
1956年 昭和31年 創元会会員
1957年 昭和32年 第42回二科展(東京・上野美術館)『魚と少年』『水中の少年』入選
1971年 昭和46年 賢明女学院短期大学に講師として赴任
1990年 平成2年 回顧展「童心とロマンを求め続けて」(兵庫県姫路市・ヤマトヤシキ8F催事場)に『少女像』、『水中の少年』など出品
1995年 平成7年 「戦後50年沖縄の美術家展」(那覇市民ギャラリー)『鳥と裸婦』出品

作品

沖縄婦人像
作品名
沖縄婦人像
制作年(完成年)
1936年
作品サイズ
28.1×17.9cm
作品素材・手法
水彩、紙
鳥と少女
作品名
鳥と少女
制作年(完成年)
1970年
作品サイズ
41.2×32.1cm
作品素材・手法
油彩、キャンバス
鳥と裸婦
作品名
鳥と裸婦
制作年(完成年)
1970年
作品サイズ
91.0×72.7cm
作品素材・手法
油彩、キャンバス

作家一覧

TOP