雀孝行(方言)

すずめこうこう

概要

昔、妹の雀はハドヤーといい、姉の燕はマタラーという。ある時、母が病気で寝込んでしまったので、母は、「雀も燕も来ておくれ。私の看病してちょうだい。」と連絡し、雀はこれは大変だと家の事もかまわずに、大急ぎで来て、お母さんの看病をしてあげたが、燕は、「機織りをしているから、織り終ったら行こう。今は行けない。」って返事をしたって。雀は一人でできる限りの手を尽し看護に当たっていたが、病気は軽くならず重態になり、もちそうになかったので、母は雀に、「私はもうだめだ。一生懸命孝行してくれてありがとう。お前は親孝行だからお米を食べて生きていきなさい」と言い残してとうとう亡くなったって。燕は機を織り終え、それを縫って着てきたので間にあわず、母は亡くなり、葬式にも間にあいきれず、ゆうゆうと着物を縫って来たので、「お前は親の死に目にも来ない親不孝者だ。もう来る必要はないから帰れ。」と叩かれたので羽が裂けた。

再生時間:2:16

このお話の動画を見る

クリックすると動画が再生されます。 ※再生パターンは4種類です。

  • 島言葉で見る

    話者のお話を元にした方言バージョン

  • 共通語で見る

    話者のお話を元にした共通語バージョン

  • この映像の著作権は、沖縄県立博物館・美術館にあります。

    研究および教育普及目的以外での無断使用は固く禁じます。
    コンテンツの複製、利用については、博物館に必ず許可を得てください。

  • アンケートにご協力お願いします。

民話詳細DATA

レコード番号 47O341573
CD番号 47O34C121
決定題名 雀孝行(方言)
話者がつけた題名
話者名 真地文子
話者名かな まじふみこ
生年月日 19270915
性別
出身地 不明
記録日 19760803
記録者の所属組織 沖縄口承文芸学術調査団
元テープ番号 与那国町祖納 T54 A07
元テープ管理者 沖縄伝承話資料センター
分類 動物昔話
発句(ほっく) ンカチ
伝承事情
文字化資料
キーワード 妹,雀,ハドヤー,姉,燕,マタラーと,母,病気,看病,大急ぎ,機織り,孝行,お米,粟,葬式,親不孝者,羽
梗概(こうがい) 昔、妹の雀はハドヤーといい、姉の燕はマタラーという。ある時、母が病気で寝込んでしまったので、母は、「雀も燕も来ておくれ。私の看病してちょうだい。」と連絡し、雀はこれは大変だと家の事もかまわずに、大急ぎで来て、お母さんの看病をしてあげたが、燕は、「機織りをしているから、織り終ったら行こう。今は行けない。」って返事をしたって。雀は一人でできる限りの手を尽し看護に当たっていたが、病気は軽くならず重態になり、もちそうになかったので、母は雀に、「私はもうだめだ。一生懸命孝行してくれてありがとう。お前は親孝行だからお米を食べて生きていきなさい」と言い残してとうとう亡くなったって。燕は機を織り終え、それを縫って着てきたので間にあわず、母は亡くなり、葬式にも間にあいきれず、ゆうゆうと着物を縫って来たので、「お前は親の死に目にも来ない親不孝者だ。もう来る必要はないから帰れ。」と叩かれたので羽が裂けた。
全体の記録時間数 2:55
物語の時間数 2:16
言語識別 方言
音源の質
テープ番号
予備項目1

トップに戻る

TOP