1. 年末年始 休館のお知らせ

年末年始 休館のお知らせ

最終更新日:2021.12.24

年末年始休館日:2021年12月29日(水)~ 2022年1月3日(月)

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)は2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)まで休館となります。
新年は1月4日(火)から開館します。

2022年1月 展覧会ラインナップ

博物館

博物館常設展
『海と島に生きる』をテーマに沖縄特有の自然、気候・風土、この島で育まれた歴史・文化をご紹介します。
展示室内は、沖縄のことが通史でわかる総合展示と5つの部門展示(自然史・考古・美術工芸・歴史・民俗)で構成され、各テーマに特化した貴重な資料や模型、映像を通して沖縄の今昔を体験できます。

ゆる~い かたつむり展―かたつむりミュージアム ラセン館巡回展―
会期:2021年12月21日(火) ~ 2022年2月15日(日)
現在の技術では標本にする事が難しいかたつむりの軟体部。それをリアルに再現して実物の殻と合体させたものがリアルフィギュア。日本だけで約 800種といわれるかたつむり。そのリアルフィギュアが、おきみゅーに大集合。沖縄のかたつむりたちも沢山展示します。あなたもラセンの不思議に迫ってみませんか?

美術館

美術館コレクション展 2021.7.13~2022.1.23
会期:2021年7月13日(水) ~ 2022年1月23日(日)
■コレクションギャラリー1「沖縄美術の流れ(写真) 石川文洋とベトナム戦争」
 石川がベトナムに滞在していた頃に撮影された写真を中心に紹介いたします。
■コレクションギャラリー2「川平惠造展」
 沖縄をテーマに描く郷土の画家、川平惠造の絵画を紹介します。
■コレクションギャラリー3「沖縄美術の流れ」
 戦前、戦後復興、本土復帰後、移民、そして現代美術に章を分け、沖縄の近現代美術を時系列に紹介します。

琉球の横顔 ― 描かれた「私」からの出発
会期:2021年11月3日(水) ~ 2022年1月16日(日)
「弱者への差別や偏見」という問題を21世紀の今日に受け止め、表現の限界に迫る方法論を実践するアーティストを取り上げます。沖縄系ハワイ移民をルーツに持つアメリカの作家や1977 年に発足した沖縄女流美術家協会の作家、沖縄県立芸術大学などで学んだ作家の作品など、約80点を展示します。沖縄美術の多文化的な側面と可能性を感じていただき、アートの新たな展開を楽しんでいただけることと思います。

シェアしてみゅー

TOP