美術工芸部門展示

「神山政良コレクション展」

  1. 2023/11/28(火)~2024/3/17(日)※会期が延長になりました

神山政良氏(1882-1978)は首里で生まれ、1909年に大蔵省へ入省後、会社の重役等を勤めた後、在京沖縄県人会会長や沖縄協会会長等を歴任して沖縄振興や祖国復帰運動に尽力した人物です。また、琉球国王尚家との関係が深く、尚泰王の娘である八重子氏と結婚しています。その縁もあり、王家ゆかりの着物や器などを所有していました。

そのコレクションは、中国から拝領した織物で作った冬用の衣裳(国王の普段着)や、左三つ巴紋が配された碗をはじめ、漆器、書跡、絵画など多岐にわたります。

当館へご寄贈いただいたおよそ20件の資料を展示します。



 

・代表的な展示品

・龍瑞雲青海立波文繻珍衣裳
・木綿水色地松皮菱に菊藤燕遠山流水模様衣裳
・灰色地久米島紬着物
・赤絵鶴亀文急須
・赤絵巴紋碗

 

・展示資料 25件33点

絵画 2件2点

1.義村朝宣筆 山水図
2.義村朝宣筆 月下樹木図

 書跡 5件5点

1.神山政良筆 行書七言絶句軸
2.鄭嘉訓筆 行書七字対軸
3.高人鑑・鄭元偉筆 漢詩扇面軸
4.拓本「円覚寺」
5.拓本「尚豊王御代」

金工 1件2点

1.朱漆巴紋蓋付錫製瓶子

漆器 3件3点

1.朱漆巴紋箔絵夫婦枕
2.朱漆巴紋箔絵足付盆
3.黒漆竹蒔絵提重

陶芸 7件14 点

1.赤絵鶴亀文急須
2.赤絵緑釉花瓶
3.赤絵急須
4.赤絵急須
5.赤絵火取
6.巴紋入茶碗
7.巴紋入茶碗

染織 7件7点

1.龍瑞雲青海立波文繻珍衣裳
2.灰色地久米島紬着物
3.木綿水色地松皮菱に菊藤燕遠山流水模様衣裳
4.紅型軸 城間栄喜作
5.菊遠山流水模様白地型紙
6.茶地龍瑞雲立波文様繻珍帯
7.黒地龍文貼付帯

 

・関連イベント

学芸員による博物館常設展 展示解説会2023 【終了】
 担当:篠原あかね(美術工芸部門担当学芸員)
 日時:12/14(木) 14:00~15:00(13:30ふれあい体験室前集合)
 定員:15名(当日先着)




 
シェアしてみゅー

TOP