1. 「驚異の写実 ― ホキ美術館名品展」関連 ピアノコンサート リアリズム×インプレッショニズム「音から見えるもの」

イベント

「驚異の写実 ― ホキ美術館名品展」関連 ピアノコンサート リアリズム×インプレッショニズム「音から見えるもの」

「驚異の写実 ― ホキ美術館名品展」関連 ピアノコンサート リアリズム×インプレッショニズム「音から見えるもの」

ピアニストの宮城知子氏が、本展展示作品からイマジネーションを得て「音からみえるもの」をテーマに、音楽の印象主義と呼ばれているフランスのドビュッシーやラヴェル等の楽曲を演奏します。

★リアリズム×インプレッショニズム「音から見えるもの」演奏曲目

・「黒い大地」(ファジル・サイ作曲)
・「ベルガマスク組曲」より「月の光」(ドビュッシー作曲)
・「映像第1巻」より「水の反映」(ドビュッシー作曲)
・「亡き王女のためのパヴァ-ヌ」(ラヴェル作曲)
・連弾曲「マ・メール・ロワ」より「眠れる森の美女のパヴァーヌ」「妖精の園」(ラヴェル作曲)


●プロフィール

宮城知子(みやぎ ともこ)

那覇市生まれ。
3歳よりピアノを始め、5歳の時にRBC テレビ百万人の大合戦テレビ出演。準優勝し100ドルを獲得する。
武蔵野音楽高等学校、同大学を卒業後フランスへ留学。エコール・ノルマル音楽院にて、故エドソン・エリアス、パリコンセルヴァトワールにて、オリヴィエ・ギャルドン、テオドール・パラスキヴエスコ各師に師事する。パリ地方音楽院を首席で卒業。
サンノンラブルテッシュコンクールピアノ部門第2位。その後1995年まで各地での演奏会や音楽院にて指導を行う。
1995年、シュガーホールで行われた帰国リサイタルは好評を博す。
アメリカン大学、沖縄県立芸術大学等で後進の指導に携わる傍ら、県内の主要な音楽祭等に数多く出演する。
2003年、再度渡仏。
2007年、フランスピアノ講師国家資格を取得しフランスでの教育活動に携わる。
2017年より沖縄に拠点を移し、フリ-な精神で人の心に寄り添える演奏会を行なっている。


 

開催情報

開催日 2019年04月28日(日)
開催時間 14:00~14:40
場所 エントランスホール
開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日、5月7日(火)(但し、4月29日、5月6日、20日は開館)
定員 なし
対象 幼児/小学生/中学生/高校生/大学・専門学生/一般
申し込みについて 申し込み不要
参加費 無料
主催 一般財団法人 沖縄美ら島財団
主催 沖縄テレビ放送

このページについてのお問い合わせ

098-941-8200

イベントの一覧に戻る

シェアしてみゅー

TOP