1. 「琉球の横顔」 アーティスト紹介:胡宮 ゆきな

「琉球の横顔」 アーティスト紹介:胡宮 ゆきな

胡宮ゆきな Yukina KOMIYA
沖縄県生まれ。2012年、沖縄県立芸術大学大学院造形芸術研究科を修了。2013年より、国内外の多数の展覧会で作品を発表。現在、台湾在住。
父方の祖父は中国人で、祖母は台湾人。ベトナム戦争の時(1960年代)に、華僑として沖縄へ渡ってきて、テーラー業を営み生計を立てた。母方の家系は沖縄である。幼い頃から沖縄で生活しながら、中国、台湾、アメリカの影響を受け成長した。
自らの家族の歴史を調査しつつ、作品化している。家族のために制作するとき、作品は沖縄に繋がり、台湾に繋がり、中国、アメリカに繋がる。一家族の歴史が、世界の歴史を呼吸させていることを思い、制作している。


胡宮ゆきな《平和なんて朝飯前(10XL)》2021年
Yukina KOMIYA, IT’S A PEACE OF CAKE (10XL). 2021

【作家による作品解説】
台湾の夜市で初めて、鳩と銃の形が同じ袋に入った人形焼を食べたところから、アイディアは始まる。他にもバイクや鶏、豚、象などが入り混じっているその袋の中身はまるで世界の縮図のようだった。
台湾で制作したこのバルーン作品は、台湾人の縫い子さんの手によって形が作られた。 工場で縫い子さんとバルーンの仕上がりを確認しあっている時、テーラー職人であった祖父母の姿と重なった。  そんな淡い記憶に空気を入れ呼吸させる。
土嚢袋に入った土で重石をする。飛んで行ってしまわない様に、その場所、土地で繋ぎ止める。空気を入れ続けないと萎んでしまうバルーンの様に、平和と呼ばれるものは、形が無いけれども誰かの頑張りや犠牲によって成り立っている。

「琉球の横顔」出品作家

◇ 池原清子
◇ 久場とよ
◇ 中島イソ子
◇ 西村立子
◇ 上原よし
◇ 砂川喜代
石垣克子
◇ ローラ・キナ
◇ エミリー・ハナコ・モモハラ
◇ 喜屋武千恵
◇ 山川さやか
◇ 遠藤薫
胡宮ゆきな
◇ 泉川のはな
寺田健人
◇ 仁添まりな

琉球の横顔 ― 描かれた「私」からの出発 WEBサイト

このページについてのお問い合わせ

沖縄県立博物館・美術館
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
TEL:098-941-8200   FAX:098-941-2392

シェアしてみゅー

TOP