1. 「琉球の横顔」 アーティスト紹介:久場とよ

「琉球の横顔」 アーティスト紹介:久場とよ

久場とよ Toyo KUBA
1921年、沖縄県那覇市生まれ。洋画家の名渡山愛順が勤める沖縄県立第二高等女学校へ入学、油絵の指導を受ける。恩師のすすめで1937年に《竜舌蘭のある海辺》を光風会第24回展へ出品、入選を果たす。東京美術学校への進学を希望するが、父に反対されて東京女子薬学専門学校を卒業後、戦後は薬剤師として勤める傍ら、1949年に開催された沖展第1回展への出品をはじめ、絵画制作をこつこつと続けた。1974年には沖縄女流美術家協会の設立に寄与し、以後21年もの長きにわたり会長を務めた。
沖縄県立第二高等女学校で同窓生の、山元文子と共に、戦後女性美術の草分け的存在となった。1997年には沖縄タイムス文化賞を、1991年・2000年には沖縄県文化功労者表彰を、そして2006年には文部科学省地域文化振興賞を、それぞれ受賞した。


久場とよ《古都幻想》1994年
Toyo KUBA, Fantasy of Ancient city, 1994

【作品解説】
久場とよは、琉装などの人物の描写を通して、郷愁を感じさせる画風で知られている。生涯を通じて恩師であった、名渡山愛順からの影響を受けてはいるものの、むしろ久場の描く人物は、立体を構成するオブジェのような、客観的な人体にも映る。
久場は、父や婚約者までも戦争で亡くし、ある意味で生死について達観した考え方を持っていた。クリスチャンでもあったので、「お召しが来るまでは」と、日々を絵画制作への熱意のままに生きた。またそれだけではなく、新聞を熱心に読み、90歳を過ぎてからはインターネットにも親しんでいた。
久場の作品を前にした時、私は、時には叱られ、また時には優しく接してもらった故人の人柄をしのぶとともに、久場が人生を賭けた絵画の重さを感じずにはいられない。 

「琉球の横顔」出品作家

◇ 池原清子
◇ 久場とよ
◇ 中島イソ子
◇ 西村立子
◇ 上原よし
◇ 砂川喜代
石垣克子
◇ ローラ・キナ
◇ エミリー・ハナコ・モモハラ
◇ 喜屋武千恵
◇ 山川さやか
◇ 遠藤薫
胡宮ゆきな
◇ 泉川のはな
寺田健人
◇ 仁添まりな

琉球の横顔 ― 描かれた「私」からの出発 WEBサイト

このページについてのお問い合わせ

沖縄県立博物館・美術館
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
TEL:098-941-8200   FAX:098-941-2392

シェアしてみゅー

TOP